15.11 駅南 写真③

アソカ学園 駅南幼稚園

朝元 百

 11月になってやっと秋らしくなりました。幼稚園では、どんぐりを公園へ拾いに行ったり、きれいな色の落ち葉を並べて遊んだりと、つかの間の秋が行ってしまう前に、秋の空気を体いっぱいに吸収して遊ぶ子どもたちの元気な姿が、キラキラ眩しく見えます。
 秋になると、私の頭の中に何となく流れてくるのが、小学校で習った "ちいさい秋みつけた" という歌です。子供の頃、秋と言えば、お月見の終わった後のお団子を、みたらし団子にしてもらって食べたり、栗のおこわ etc. でニヤニヤしていた私にとって、あの、泣いてしまいそうに寂しい曲は、何故か??だったのですが、好きな曲でもありました。
 幼稚園のお友だちも、その年齢の、その子なりの秋を感じている毎日です。来年への積み重ねになるように。そして秋の夕方、一人で急に淋しくなった時、心の中にポッと灯りがつくように、家族みんなで、自分たちの
 "ちいさな秋" みつけてくださいね。