配偶者控除廃止

のびる1

学校法人のびる学園のびる幼稚園

理事長 月野 義識


  突然の国会解散で、慌ただしい12月に総選挙となりそうです。

 どの政党も、何となく怪しげで信用できない感じがして、今までで一番気が乗らない選挙になりそうです。
 とは言って、先の選挙の選択が正しかったか考えると、大きな?がいくつも付いてしまいます。反省反省……

 ところで、選挙を前に「配偶者控除廃止」の件が密かに、先送りになったとの記事を見つけました。根強い反対があって選挙に不利だから取り敢えず撤回になったようです。

 配偶者控除廃止の理由は幾つかあって成程と、論破されてしまいそうな論もありますが、第1に「女性の労働意欲を低下させ、女性の社会進出を妨げている」と有りました。もっぱら女性の経済アナリストや、女性のジャーナリストが述べておられます。

 でもそうかなとは思いませんか?「廃止になっても、子育てが楽しいから働きに出ない」「家事も大切な仕事と思っているし、蔑ろにしてほしくない」「すべての女性が仕事を求めて社会に進出して、それを贖える仕事ってありますか」

 そもそもこの控除は、家事従事者も大切な社会の支え手であるとして取り入れた制度だと聞いています。配偶者控除廃止は何となく、子育てに専念することは社会的貢献度が低いなどと言っているようです。

 子どもは施設にまかせて、働いてこそ日本再生の第一歩などと言っていては、少子化から脱却できないのではと、私は思っています。