夕涼み会

1809 葉梨幼稚園

葉梨幼稚園

篠宮けい子

 当園は、藤枝市の北に位置し、回りを田んぼや山に囲まれた豊かな自然の中にあります。そんな環境の中で、子どもたちはのびのびと日々生活しています。
 公立ではありませんが、自治会運営の幼稚園で地域の皆様の温かいご支援により、今年で創立62年を迎えます。

 1学期の終業式の次の日は、年長児の楽しみにしていた「夕涼み会」でした。
 お家の人と一緒に登園し、笑顔でさよならした後は、自分たちが育てた畑の野菜を使ってカレー作りをしました。エプロンをしてコックさんになり、じゃがいもやたまねぎ、人参の皮をむいたり切ったり、ピーマンやなすを切りました。ピーマン、なす、かぼちゃ・・・色々な夏野菜が入ったカレーの出来上がり!!
「おいし~い!」「チョー うまい。」と何杯もお代わりしていました。畑で取れたきゅうりやミニトマトも、漬物にしたりして頂きました。いつもは、苦手と言っている子も、みんなと食べればとってもおいしかったようです。
 夕食後は、お楽しみ会。先生たちが、毎年趣向を凝らして企画準備をしてくれます。今年は、『園長先生が、悪者にさらわれた!?みんなで助けに行こう。』ということになりました。私が囚われている部屋までには、いくつかの障害(お化けに変装した先生たちやゲーム)があり、それを乗り越えなければなりません。
 みんなで集まっている部屋に、悪者(実は副園長)が手紙を投げ入れていきました。先生たちが名演技で子どもたちに手紙を読み上げると、「大変だ!警察に言おう。」「助けに行こう。」等々子どもたちから意見がいっぱい出ました。みんなで助けに行くことに決まり、年長の部屋から1グループ6人ずつ自分の作った〝勇気のちょうちん〟を持って、いざ出発!!
 子どもたちの悲鳴そして泣き声。
 子どもたちが辿り着いてくれるのを、ごほうびを用意して待ちながら私もドキドキしていました。やっと、辿り着いた子どもたちが泣きながら抱きついてきた時には、思わず私も涙が出て「ありがとう、良く頑張ったね。」と、ひとりひとりを抱きしめました。全員が終了したところで、先生たちがそれぞれの変装のまま子どもたちの前に出てきて、ネタ晴らし。その後は、笑顔でお化けと記念撮影をしました。
 子どもたちにとって、思い出に残る楽しい「夕涼み会」になったと思います。
 毎日毎日いろんなことが起こり心の休まる事のない日々ですが、子どもたちの勇気が私にたくさんの元気とやる気をくれました。2学期も子どもたちのために頑張りたいと思います。