ホーム > 静私幼のご案内

静私幼のご案内

ごあいさつ

静岡県に私立幼稚園が誕生したのはおよそ100年前の明治36年(1903年)でした。

以来、先達の弛まぬ努力と精進、多くの皆様に支えられて今日、当協会は235園が加入するまでに発展しております。

これからの新しい世紀、 幼い子どもたちの輝かしい未来のために

気持ちも新たに互いに手を携えて さらに前進してまいります。

理事長のごあいさつ

 現在の協会加盟園は、子ども子育て支援新制度に移行した園(認定こども園及び施設型給付を受ける幼稚園)と、従来からの私学助成制度の園があり、それぞれの仕組みに応じた行政施策が講じられています。いずれの制度の下で運営するにせよ、幼稚園は名称独占を認められた教育施設として、質の高い幼児教育を提供する使命があり、全ての幼稚園がその役割を果たすためには、それぞれの制度において、必要な施策の実現に向けて行政等に働きかけていかなければなりません。子ども・子育て支援新制度が発足し3年目を迎えようとしていますが、県下各市町間における新制度の捉え方に大きな格差が生じているという問題があり、同県内で教育を受ける子どもにとって、「子どもの権利」が正しく扱われているものとは考えられません。
 このような格差問題が早期に解決できるように、子育て支援を含め、質の高い幼児教育の恩恵が受けられるよう、各市町への働きかけをしていく必要があります。
 生涯にわたる人間形成の基礎を築く幼児期において、適切な環境を整え、子どもの心身の調和のとれた発達を促すことが、幼児教育の重要な役割であります。「幼児教育振興法案」においては、質の高い幼児教育を実現するには、幼稚園等での教育現場を担う良質な教職員の確保が不可欠であります。新制度の園に対して政策的に講じられている処遇改善の措置は、更に厚く支援をしていただき、且つ私学助成の園に対しても同等の支援を講じていただけるよう支援策を求めていく必要があります。また、幼児教育に係る経済的負担を軽減し、幼児教育の機会均等を図るため、幼児教育施設における幼児教育を無償とすることに向けた措置を推進していく必要があります。
 私たちは、私学助成、施設型給付どちらの制度下にあっても、「生活の中の子どもの権利」をしっかり担保し、教育内容や環境整備に磨きをかけ、地域幼児教育の要として確固たる存在感を示していく必要があります。静岡県の子どもや保護者の幸せのために全会員がスクラムを組み、結束力を持って協会運営を進めていきたいと思います

理事長 千葉一道