ホーム > 昭和幼稚園

私立幼稚園の紹介

しょうわようちえん
昭和幼稚園 西部/浜松市中区
住所〒430-0851 浜松市中区向宿1丁目8番15号 地図を見る
電話番号(053) 461-3344
FAX(053) 461-3387
e-mailmasakuni@land.linkclub.or.jp
ホームページhttp://www1.linkclub.or.jp/~masakuni/
園長橋 田 匡 邦
開園年月日昭和 4年 3月20日
設置者学校法人 昭 和 学 園  理事長 橋 田 匡 邦
定員9 学級 270 人

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

概要

昭和3年6月初代園長 橋田光顕によって開設、設立され、昭和4年3月20日静岡県知事により認可されました。大正末昭和初期の浜松には中心部に4カ園の幼稚園が存在するのみでした。初代園長は幼児教育の重要性を思い、当時浜松市の東端に位置した寿量院の境内に日本人の立場に立脚した幼児教育の場を開設し、幼児教育の普及、発展に努めてきました。

昭和20年3月
戦火のため休園
昭和22年4月
再開
昭和37年2月
2代園長 橋田正顕就任

戦後発展してきた新しい人間観に基づく幼児教育を実践、研究の両面から行ってきました。新しい遊具の開発、絵画を通して幼児の発達と表現方法の研究実践、楽器を用いた幼児教育の新しい展開、身体運動学に基づいた研究実践など全国に先駆けて行ってきました。

昭和55年3月1日
学校法人 昭和学園が認可され、宗教法人立から学校法人立に変更され、園舎等が新築されました。

平成5年12月
3代目園長 橋田匡邦就任

教育方針

子どもがのびのびと自由に、そしていろいろなことに興味を持つようになることだと考えます。どうしたら「のびのびと自由」になれるのでしょうか?「~してはいけません!、~しなさい!」といった規制が多いと畏縮してしまって「のびのび
と自由」になれないでしょう。子どもが興味を持つように環境を整えることがまず第1でしょう。そして行ったことに対する達成感です。達成感は自信につながり、次の興味へと導きます。自信は友だち関係にも新しい輪を広げます。自由にという意味からも制服はありません。「~でなければいけない」という拘束はなるべく少なくがモットーです。

ページの先頭へ戻る

入園案内

アクセスマップ

浜松駅より遠鉄バス鶴見線、
向宿公会堂下車すぐ。