年長、黄組劇あそび

【黄組】

黄組は「十二支のお話」の劇あそびを行いました。

神様が「毎年同じ年だとつまらないから、1月1日に集まった動物、

1番から12番までをその年の王様にする。」と提案しました。

「体が小さくても王様になれますか?」とねずみさん、

「体がモフモフしていてもなれますか?」とひつじさん、

「おしりが赤くてもなれますか?」とさるさん、

「毎朝早く起きてもなれますか?」とにわとりさんが神様にたずねたところ、

神様は「なれるぞ。」と言ってくれました。

動物たちはやる気を出して、お正月を迎える準備をしました。

神様の話をちゃんと聞いていなかったねこは、

ねずみに「神様のところに行くのはいつだっけ?」と聞きました。

すると「1月2日だよ。」とねずみがねこにうそを教えました。

牛は足がおそいので、大みそかの夜から歩き出しました。

それを見ていたねずみはひょいと牛のせなかに乗り、神様のところへ向かいました。

御殿に着くと背中からジャンプをし、ねずみが1番、うしが2番になりました。

その後はとらが3番、うさぎは4番。

たつが5番、へびが6番。

うま7番、ひつじ8番。

さる9番、とり10番、いぬ11番、いのしし12番となりました。

ねこは1月2日に御殿に着き、「どうやら1番だ!」と喜んでいましたが、

門番に「集まったのは、昨日だったよ。」と言われ、ねずみに騙されたことに気が付きます。

怒ったねこは、ねずみを追いかけまわしました。

どの子も役になりきり、楽しんむことができました。