劇あそび、青組・1

年長さんの青組は、『十二支のおはなし』の劇あそびを行いました。

神様が動物たちを集めて、

「元旦の朝、一番から十二番に来た者を、

一年交代でその年の王様にする。」と言いました。

しかし猫はうっかり居眠りをしていて、話を聞いていませんでした。

ねずみは猫に、「1月2日の朝。」とウソの日にちを教えました。

いろいろな動物たちが、「我こそは一番になるぞ!」と

練習を始めます。

大晦日の夜になりました。

牛は足が遅いからと夜のうちに出発。

それを見ていたねずみは、こっそり牛の背中に飛び乗りました。

御殿に着くと、ねずみは牛の背中から飛び降りて門をくぐり、

一番になりました。