年少さんが、『くるくる凧』を作りました。

好きな台紙を選び、クレヨンやマ-カ-を使って

きれいな模様(くるくるうずまき)を描きます。

自分だけの凧とあり、どの子も夢中になって

紙いっぱいに描いていました。

模様が描けたら、次はハサミで切っていきます。

ハサミの使い方が、とても上達していました。

紐をつけたら、凧の完成です。

   

早速、園庭で飛ばしてみます。

凧が高く飛ぶように、園庭を元気に走り回る子どもたち。

とても楽しそうでした。

この凧は、ぶらさげるだけでも、風が吹けばくるくると

回転をするんです。それに気づいた子どもたちは大喜び。

くるくると回転する凧を満足げに眺めていました。