七夕のつどい

お遊戯室に全園児が集まり、七夕のつどいを行いました。

空に届くように、『たなばたさま』の歌を皆で歌いました。

その後は七夕の由来にちなんだ、保育者による劇を観ました。

彦星様と織姫様が登場しました。

     

子どもたちは食い入るように見ていて、時折、笑い声や歓声が聞こえてきました。

つどいが終わってからは、保育室で”そうめん給食”を楽しみました。

具は、”きゅうり・かまぼこ・たまご”です。

色どりがとてもきれいで、「おいしそう!」の声があがります。

子どもたちはあっという間に食べ、おかわりをしていました。

夏の食を味わうことができました。

 

今夜、彦星様と織姫様は出会うことができるのでしょうか?

年に一度きり。出会えるといいですね☆