年中、園外保育

3月7日、年中さんが最後の園外保育に出掛けました。

目的地は、駿府城公園です。

満三歳児クラスのたんぽぽ組さんと一緒に、”春探し”です。

お堀の土手の上(小道)を通って行くと、早速春を一つ見つけました。

          

小さいタンポポの花が、いくつか咲いています。

タンポポの花に駆け寄り、「一個、二個…」と数えていく子どもたちは、とても嬉しそうでした。

桜のつぼみも見つけて、「早く暖かくならないかな~!」とつぶやく子もいました。

幼稚園の園庭の何倍もある広い広場で、年中さんみんなで鬼ごっこをしましたが、

あまりに広くて鬼はくたくたです。

     

次に、クラス対抗で”花いちもんめ”をしました。

「○○ちゃんを返せ!」「先生が欲しい!」と、最後は保育者同士の対決です!

保育者のじゃんけんにも力が入り、花いちもんめは大いに盛り上がりました。

最後は、クラスごと”だるまさんが転んだ”を楽しみ、お腹がすいたので昼食にしました。

青い空の下、風も少なく暖かい一日で、のんびりみんなで過ごすことができました。

この仲間と遊べるのもあと少し。もうすぐみんなは年長さんです!