劇あそび参観、その2

年少ぞう組さんは、『かいじゅうたちのいるところ』を行いました。

待ちに待った、劇あそび当日です。

お家の人に見てもらえるのを楽しみにしていた子どもたち。

ママに叱られたマックスが落ち込んでいると、

ニョキニョキとお部屋に木が生えだして、森になってしまいました。

そこに、ざぶりざぶりと波が船を運んできました。

マックスはその船に乗り、旅にでます。

到着した島には、かいじゅうが住んでいました。

マックスはかいじゅう島の王様になり、走ったり、踊ったり、かいじゅうたちと楽しみました。

    

ところが寂しくなったマックスは、王様をやめて帰ることにしました。

そしてマックスはお家に帰り、眠りについたのでした。

ぞう組の子どもたちはこのお話が大好きです。

何度も何度も絵本を読んで、こどもたちなりのかいじゅうや

マックスのイメ-ジを膨らませてきました。

最初は忍者あそびから始まり、忍法「変身の術」で動物や乗り物、

かいじゅうになることを楽しみ、

「今日はかいじゅうとマックス、どっちが怖いか勝負だよ!」と遊んできました。

当日は緊張していた様子でしたが、元気に言葉も言えて、歌も上手に歌えました。

終わった後は頑張ったご褒美に、お家の人からたくさんの『ぎゅう~!』をもらいました。