劇あそび参観、その1

12月10日から3日間、劇あそび参観を行いました。

各クラス題材を決め、この日に向けて練習を重ねてきました。

その様子を、お伝えしていきます!

まず最初は年少、くま組さんです。

このクラスは、『とんとん とめてくださいな』の劇あそびを行いました。

子どもたちは、”ねずみ・うさぎ・たぬき”になりきり、山で見つけた家のドアの前で

「とんとん とめてくださいな」と言って、次々にベットに入りこみます。

        

そして最後に家の主”くまおじさん”が帰ってきて、皆でシチュ-を作り美味しくいただきました。

子どもたちは皆、動物に可愛らしくなりきって演じていました。

また、友だちと一緒に取り組むことを楽しむ中で、自分らしさが表現されていました。

なりきって遊ぶこと、友だちと一緒に遊ぶこと、言葉のやり取りの楽しさを、

この劇あそびを通して感じることができたのではないかと思います。

これからも、いろいろなものになりきって遊んでいきたいと思います。