七夕のつどい

7月3日、七夕のつどいを行いました。

「たなばたこびとのおはなし」という絵本を題材にした、保育者の劇の始まりです。

さる・とり・りす・へび・もぐら達が、短冊を持って”たなばたこびと”の所へやってきました。

「天の川に短冊を流すと、願い事が叶うんだよ。」と、”たなばたこびと”が

天の川へ笹を持っていこうとしますが、風が強くて進めません。

そこへ”はくちょう座”の星たちがやってきて、”たなばたこびと”を助けてくれました。

     

無事、笹を天の川に流すことができたので、きっと動物たちの願いが叶うことでしょう。

みんなの願いも叶いますように…

精華幼稚園では、七夕といえば”お素麺”です。

古来からの風習であることを子どもたちに伝えながら、無病息災を願い、みんなでお素麺を食べました。