節分のつどい

2月1日、節分のつどいが行われました。

朝から、「鬼が来るの?」と心配している子どもたち。

鬼が来ないようにと、”いわしの頭”と”ヒイラギ”を保育室に飾りました。

 

 

 

園庭で豆をもらい、豆まきの準備をしていると…

        

「悪い子はいないかぁ~!」と鬼の声が聞こえてきました。

怖がっている子どもたちのところに、赤鬼・青鬼・黄鬼・緑鬼が登場しました。

鬼に近づいて行き、「鬼は外~!」と豆を投げる子、走って逃げ回る子、大泣きする子と様々な反応をしめす子どもたち。

         

最後には、みんなで勇気を出して鬼を退治することができました。

みんなの心の中の鬼も退治できたかな?

その後は嬉しい、楽しい、”福まき”です。

ご近所に住む老人会の方も、一緒に参加してくださいました。

         

子どもたちの枡の中には、たくさんの福が集まりました。

お部屋では、自分の年の数だけ、自分で数えてお豆をいただき、ひとつずつ大きくなったことを喜び合いました。

「鬼が来る!」と朝からドキドキしていた子どもたちも、にっこり笑顔で帰りました。