神様からのオムライス?

31e010ea77d697ed6c0c3a9fb6841664

認定こども園しょうえい幼稚園

石川 望

 2015年4月、認定こども園しょうえい幼稚園となり、本格的に自園式給食を始めました。給食では、月に1回「絵本給食」の日があります。「絵本給食」とは、園児たちから絵本に出てくるメニューをリクエストしてもらいリクエストの中から、調理師達が選んで、絵本のストーリーと共に、給食を提供するというものです。
 今年7月選ばれた絵本は『こっそりオムライス』(世界文化社)でした。主人公は、新米コックのきつねくんです。まだ、料理のレシピを一度も教わっていないどころか、下準備もままならないきつねくん。修行真っ最中のきつねくんが、ある日、コック長のくまさんが出かけている間に、ひょんなことから、オムライスを作ることに。どうやって作ろうかと悩んでいたのですが、お友だちの協力で、何とも美味しいオムライスの出来上がり。こんなきつねくんの成長する姿を描いた物語です。
 また、給食でもう一つ大事にしていることがありまあす。それは、地元の食材を活用する事。コメは沼津市愛鷹地区の田んぼで収穫された減農薬米2種類を数ヵ月おきに使います。「とてもおいしいお米だね」と評判です。また、お魚は、近所の大塚にある小さいけれど、とても親切なお魚屋さんから仕入れています。野菜は隣の今沢の八百屋さんから、お肉は東海道本線原駅近くのお肉屋さんから買っています。素材の味を大事にしながら化学調味料を使わずに、薄味〈京風味?〉に仕上げています。
 好き嫌いの多い園児も、お友だちと楽しくおいしく食べることで、だんだんと色んなものを食べられるようになります。
 神様が造られた大自然からの恵みを、感謝しておいしくいただくことが、元気いっぱい生きる源となると信じています。