富士山が世界文化遺産登録、たなばた

25年7月メッセ―ジリレー(須津)

須津幼稚園

園長 後藤 正章

 静岡県にある日本一の山、富士山が6月22日に世界文化遺産に登録されました。       
 富士山の麓に住む私たちは、毎日の挨拶代わりに子ども達と富士山を話題にします。
 雪化粧をした秋から春の富士山は、太陽の光を浴びるときらきらと輝いて見えます。雪のない夏の富士山は、雄大な姿を見せてくれます。
 朝日を浴びた富士山、昼の富士山、夕方の富士山、夜に見る富士山、雲の架かり方一つで、毎日違って見えて、いつも私たちを感動させてくれます。
  このように、私たちの生活の中にある富士山が、世界文化遺産に登録されたことは大変喜ばしいことです。いつまでも、大切にしていきたいですね。


  7月は多くの幼稚園で、たなばたの行事をすることでしょう。
  私の幼稚園でも7月6日に、たなばた集会が予定されています。子ども達は、たなばた集会に飾る短冊に願い事を書いています。私は、子ども達の願い事を書いた短冊を読むのが大好きです。
   男の子も女の子も定番のヒーロー者はもちろんあります。
  「逆上がりができますように」「縄跳びがたくさん飛べますように」「ピアノが上手になりますように」「上り棒ができるようになりたい」「足が速くなりたい」などの願い事を見つけると、頑張れと心から応援してしまいます。
  AKB・サッカー選手・モデル・消防士・新幹線の運転手・学校の先生・洋服屋・お花屋 などの職業を書く子もいます。きっと実現するよ。
  そんな短冊のなかに、「おじいちゃんの病気が治りますように」と書いた短冊を見つけました。大好きなおじいちゃんのことを思う優しい気持ちに感動しました。園長先生も一緒にお願いするね。