ノンタンがきたもん

ノンタン①

東光幼稚園

小西 則子

 六月のよく晴れた日のことです。幼稚園のホールに突如、大人や子どもの歓声がわき起こりました。
「わあ、本物だ」
「かわいいね!」
 それは、園に絵本の人気キャラクター、ノンタンがやってきたからでした。
 当園の保育は読み聞かせを重視しており、特に近年は絵本を積極的に導入しております。また副園長が作家をしていることもあり、かねてより本屋さんと深い交流がありました。今回、ノンタンの来園が実現したのも、そのようなご縁からのことです。子育て支援の読み聞かせ会を、本屋さんとのコラボレーションによって行うことになったのです。出版社さんに言わせると、ノンタンが書店以外を訪問するのは、日本で初めてとのことです。
 このイベントは事前に問い合わせも多かったのですが、開催当日は田舎の小さな幼稚園に、多くの親子が足を運んでくださって、とても驚きました。中には遠方からわざわざ駆けつけたという方もいらっしゃいました。聞けば、お母さん世代もノンタンのファンであり、この日を楽しみにしていたのだそうです。中にはむしろ、お子さんより自分がノンタンに会いたかったという親御さんもいたくらいです。
 さて、ノンタンが登場した後は、副園長と本屋さんによる読み聞かせが始まりました。これも驚いたのですが、就園前の子どもたちが少しも騒がず、ノンタンの絵本を食い入るように見つめています。もしかしたらノンタンに会えたことによる、ノンタン効果なのかもしれません。
 読み聞かせが終わると、親子でノンタンと記念撮影をしました。みんな笑顔で写真におさまっています。最期はみんなで手を振ってノンタンを見送りました。
「ノンタン、またね」
「またきてね!」
 子どもも大人も、みんな喜んでくれました。主催者としてとてもうれしかったです。ノンタンがみんなを笑顔にしてくれた、そんな楽しい一日でした。