マグロの解体ショー!

園でマグロの解体ショーを行いました。

今回用意されたマグロはハワイ沖で獲れ、日本まで空輸されてきた40kgの生マグロです。

大きさもちょうど子どもの背丈と同じぐらい大きいでした。

解体された切り身は給食室に運ばれて醤油漬けにし、翌日の給食にて

「マグロの照り焼き丼」としていただきました。

 

普段、スーパーでしか魚の切り身を見たことがない子どもたちも、

今回の解体ショーで魚の体のことや切り身ができるまでの過程を知ることができました。

そして魚を食べることで自分たちが大きくなることができるのであり、

食べものを残さず大切に食べるという気持ちが、

この体験を通じて育ってくれることを期待しています