小さい組さんの発見

「せんせーい!!きてーーーーー!!」

寒い寒い先日の朝のことです。

園庭から年少さんの大きな声。

朝、出勤したときに凍っている水たまりを見て、子どもたちの反応を楽しみにしていた私は、

(あっ!見つけたな!!)そう思いながら

「なになに?どうしたの?!」

と近づくと・・・

「みてこれ!こおり!」

水たまりの氷を素手で持ち上げニッコリ。

「つめたい!」 「こわれちゃう!」 「ぼくもほしい!!」  「手が凍りそう!」

と、お友だちがたくさん集まってきて、それぞれに言いながらちょっぴり興奮気味。

冬ならではの『発見』を楽しんだ朝の一コマでした。

 

 

 

 

まだまだ寒い日が続きます。

健康に気を付けて、『冬の発見』をたくさんしていきたいと思います。